pleasure/pleasant/pleasurable 大丈夫ですか?(★★★ 上級)

これ、意外と多い間違いなのです。

pleasure   = 名詞 「喜び」「楽しみ」
pleasant    = 形容詞 「気持ちの良い」「楽しい」
pleasurable =  形容詞 「気持ちの良い」「楽しい」


1番目の pleasure は

It's a pleasure to meet you. 
お会いできてうれしいです

My pleasure.
どういたしまして

など、もうお馴染ですね。

手(パー) 紛らわしいのが、2番目と3番目。どちらも形容詞で同じような意味なのすが、ニュアンスが異なるので、意識して使う必要があります。

手(パー) よくある間違いは、ビジネスメールや文書で、pleasant にすべきところを pleasurable にしている例です。pleasurable は肉体的感覚、官能的な感覚を示す場合に使われますので、ちょっと気を付けた方がよいです。

以下の例で違いを掴んで頂ければと思います。

We went to the beach and had a pleasant time.
私達は海辺に行って楽しい時間を過ごした
 
Have a pleasant Christmas holidays!
楽しいクリスマス休暇を!

Have a pleasant flight!
良い旅を!(飛行機にこれから乗る人に向って)

He is a pleasant young man.
彼は素敵な若者よ (friendly, polite というニュアンス)

A hot bath and a massage are pleasurable.
熱いお風呂とマッサージが気持ち良い

We do everything we can do to make your stay pleasurable.
私どもはお客様がご滞在を楽しんで頂けるよう何なりと致します
 
The most pleasurable experience of the evening was the breathtaking firework display.
その夜の最も楽しい経験は、息を飲むような花火大会だった

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円