ビジネスメールで I want to は避けるべし(★☆☆ 初級)

手(パー)  「私は(弊社は)〜したいです」「〜させて頂きたい」という時、I want to や
We want to と書いていたら、今後はやめましょう。

文法的には問題ないのですが、I/We want to という表現は、そもそもが子供っぽい
言い方または丁寧でない言い方に聞こえますので、ビジネスには向いていません。
代わりに、I/We would like to を使いましょう

手(パー)  日本語で「〜したいです」「〜したいと存じます」「〜させて頂きたい」という
場合、大抵 would like to が使えます。


手(パー)  「(御社、あなたに)〜して頂きたい」という場合は、like と to の間に
you を入れてください。比較的簡単なお願い事にも重要な要件にも使えます。

 

《例》

I woud like you to call me tomorrow.
明日お電話を頂きたい

We would like you to remove this clause from the agreement.
弊社としては、この条項を契約書から除いて頂きたい

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円