「○○歳の〜」という言い方 (★★☆ 中級)

「○○歳の〜」という表現は、日記や日常会話でも案外使う表現です。

例えば、少年が5歳だとします。

The boy is 5 years old. 「その少年は5歳です」

この少年を次のように言い換えることができます。

the 5-year-old boy



手(パー) 注意ポイントは、3つです。

1.ハイフンでつなぐ
2.years ではなく year
3.形容詞のように使われるので、the や a/an(冠詞)がつく



【例文】

My sister has a nine-year-old son and a six-year-old daughter.
「私の姉には9歳の息子と6歳の娘がいます」

Isn't it too complicated for a seven-year-old child to understand?
「それは7歳の子供には複雑すぎて理解できないのではありませんか?」

When you buy a 30-year-old house, you have to expect a little wear and tear.
「築30年の家を買うときは、多少痛んでいることを覚悟するべきよ」


手(チョキ) 使ってみてくださいね。