「荷物」を表す bag, baggage, luggageを正確に使えてますか? (★★☆ 中級)

休みのシーズンになると、「荷物が多かった」「荷物が増えて困った」など「荷物」という言葉を使うことが増えると思います。

良く使われるのは、bag, baggage, luggage の3つですが、「よくある間違い」むかっ(怒り)が潜んでいます。

手(パー) bag は「鞄」の意味で可算名詞(数えられる名詞)ですので、
I had many bags. や 
I had a few bags with me.
という言い方が出来ます。

手(パー) baggageは「荷物」という「まとまり」を意味する不可算名詞(数えられない名詞)ですので、
I had two baggages. (私は2つ荷物を持っていた)はむかっ(怒り)間違いむかっ(怒り)となります。

この間違いは非常に多いです。

使い方としては、two, three や many など数は使わず、my, your などを前に付けることが多いです。

例:

I checked in my baggage at the airport. 
私は空港で荷物をチェックインした。

We loaded our baggage into the car.
私たちは荷物を車に載せた。

数を入れたい場合は、

例:

Do you have a lot of baggage?
沢山荷物がありますか?

Three pieces of baggage have gone missing.
3点の荷物が行方不明です。

手(パー) 不可算名詞の場合、上記のように ....pieces of などを付けて具体的な点数を表すことができる場合があり、覚えておきたいポイントです。

 

さて、luggage は baggage と同じように「荷物」という「まとまり」を示す単語で、両方とも、主に旅行者の荷物を意味しますが、その違いはご存じですか?

手(パー) luggage はイギリスでよく使われる語で、アメリカでは余り使われません(baggage を通常使う)。
イギリスでは、baggage も使われます。