ビジネスメール(会話も) No problem. は要注意です (★★☆ 中級)

No problem.(もしくはNot a problem.) は英会話でよく使われるフレーズです。
「ありがとう」と言われたときに、「大丈夫」、「どういたしまして」という意味ですね。

謙遜が好きな日本人にも馴染み易い言い方だと思いますし、ネイティブ同士の会話でもビジネスメールでもよく使われています。

ですが、印象は必ずしも良くないふらふら、というのはご存知でしょうか。

no と problem という2つのネガティブワードが、否定的な印象をどうしても作りだしてしまうのです。


ネイティブの間でも多少個人差はありますが、

― 「問題でない、ってことは問題になった可能性もあったってこと?」と内心思ったり、
― 「カチンとくる」、
― 「こちらは『ありがとう』って言うけど、その人の仕事でやって当たり前のことに No problem. と言われると、『え?』って感じがする」

という人もいます。


ビジネスコミュニケーションでは、基本的にネガティブワードよりポジティブワードを使った方が、書き手(話し手)と読み手(聞き手)の間に良い感情を生み出す、と言われています。


Thank you. と言われたら、スタンダードに You are welcome. で良いのです。

 

その他のポジティブ表現は

You are very welcome.
My pleasure.
Our pleasure.
Happy to help.
We are happy to serve you.
I am glad you like it.
Certainly!
Sure thing!
Enjoy! 
Thank you! (you を強調して言う、メールなどではyou を斜体にする)

です。

上記のなかでは We are happy to serve you. が最もフォーマルで Enjoy! が最もカジュアルです。


No problem.と言う(書く)のが癖になっている方は注意してみて下さい。