代名詞を上手に使いましょう(1)(★★☆ 中級)

代名詞(pronouns) は「日本人の苦手」のようです。

おさらいですが、代名詞は主に名詞の繰り返しを避けるために代わりに用いられる語で、3つのタイプがあります。

1.主語になる代名詞    − I, you, he, she, we, they, it
2.目的語になる代名詞 − me, you, him, her, us, them, it
3.所有格になる代名詞 − mine, yours, his, hers, ours, theirs, its

気をつけたいポイントは2つです。

初級・中級者  → 代名詞が使える場合は積極的に使う
中級者・上級者 → 読み手が混乱しないように気を付ける

まず、1つ目の「積極的に使う」ですが、例を挙げてみます。

【例文A】

I met John yesterday. John is my old friend. John and I went to an Indian restaurant to eat chicken curry. The Indian restaurant is closed to John's office.

手(パー) なんか違和感感じませんか?

短い文章に「John」 が繰り返し出てきて、しつこい感じがします。Indian restaurant も続けざまに2回登場していますね。

メルマガ「英作文よくある間違いPICK UP」で繰り返しお伝えしているのですが、英語は同じ単語が繰り返し使われることを嫌う言語です。ですので、添削の際、ネイティブが名詞を代名詞に修正したり、「同じ言葉を繰り返さないように」とコメントすることが多々あります。

人名や名詞もそうですが、それに限らず、動詞でも副詞でも、ともかく「言葉の置き換え」を英語は大切にします。英字新聞の記事を短いものでもよく読んでみると、それが非常によく分かります。ボキャブラリーを増やしたい方、類語を学びたい方は一度そのような眼で英文記事を読んでみて下さい。

上記の例文は、代名詞を使って、例えば以下のように書き直すことができます。

【例文B】

I met John yesterday. He is my old friend. We went to an Indian restaurant closed to his office to eat chicken curry.

こうすれば、John は1回だけで、he (彼)、we (私達)、his (彼の)と3つの代名詞を使うことで言葉の重複を避けることができました。また、最後の2つの文章をつなげることで、Indian restaurant も1回で済んでいます。

例文A はちょっと極端な例でしたが、これに近い、同じ言葉を連発した文章を書かれる方は少なくありません。

是非、代名詞を積極的に使いましょう。

長くなりますので、2つ目の「読み手が混乱しないように」というポイントは、別途ご紹介します。

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円