集合名詞 people (人々)は複数扱いで(★☆☆ 初級)

手(パー) 英語は日本語に比べて、常に数を意識しなければならない言語です。

例えば、単数形なら現在動詞にSをつけますね (Mary visits her parents once a week) 。
また、名詞も複数なら複数を示すSを付けます(例:apple → apples)。

exclamation ところが、なかには特殊な名詞があり、Sを付けないのに「複数扱いをする」名詞が幾つかあります。「集合名詞 (collective noun)」と呼ばれるのですが、代表的なのは、people(人々) や children(子供達)です。people や children は、このままで複数形の意味を持っているため、それを受ける動詞・助動詞も複数扱いになります。

(注) ここでは複数扱いの例を挙げていますが、同じ集合名詞のなかでも、@単数扱いするもの、A単数扱いも複数扱いもするものもあります。


誤: Many young people is out of work in Europe.
     ヨーロッパでは若者の多くが失業中だ

正: Many young people are out of work in Europe.

誤: Our children was playing in the playground.
     うちの子供達は遊び場で遊んでいた

正: Our children were playing in the playground.
   

中上級者の方でも、「そういえば」というポイントではないでしょうか。

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円