ビジネスメール「ご検討宜しくお願い致します」 (★★☆ 中級)

手(パー) メールの締めくくりをどうするか、結構悩むことがありますね。
内容よりも最後の部分が難しく感じることすらあるのではないでしょうか。

手(パー) 今回は、何か相手に依頼するメールの最後に「ご検討宜しくお願い致します」という際の締めくくり方をご紹介します。

1.Thank you very much for your understanding.

「ご理解をありがとうございます」

「ご理解を宜しくお願い致します」
シンプルで短い文章ですが、こちらの事情を分かって欲しい、それに応じた対応(本文で依頼した内容)を取って欲しい、という時に幅広く使えます。 


2.Thank you for considering our request. We look forward to your response.

「依頼(要望)内容の検討をありがとうございます。ご返答をお待ちしています」

「ご検討宜しくお願い致します。ご返答をお待ちしています」

consider は「検討する」という動詞です。このような場合、think は使いません。
We look forward to your response.で相手の返答を促しています。「イエスかノーか返事をもらわねば!」という時には付け加えると良いです。


3.Thank you for considering our request. Your anticipated assistance in this matter is greatly appreciated.

「依頼(要望)内容の検討をありがとうございます。本件に関する貴殿のご支援に大変感謝しています」

「ご検討宜しくお願い致します。本件、ご協力のほどお願い申し上げます」

2と途中まで同じで、最後をちょっと高度にした文章です。anticipated は「予想された」「予測された」という意味ですが、つまり「こちらが期待している」ということで、お願い事を相手が応じてくれるだろうと「予測」しているわけです。

〜 is appreciated. という、人ではなくモノを主語にした言い方(受動態)も覚えておくと良いでしょう。この場合は、1つ目の文章にThank you を使っているので、同じ言葉の連続を避けるため使っています。

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円