桜の花は「cherry blossom」 ? (★★☆ 中級)

お花見を題材に日記を書かれる方が多い今日この頃です。
そこで、見かける「よくある間違い」は cherry blossom。

「え、cherry blossomじゃないの?」あせあせ(飛び散る汗)

と思われる方も多いでしょう。

手(パー) 微妙ですが、blossom (名詞「花」)は複数形で使われるのが通常です。

なぜかというと、桜の花は1つではなく沢山(複数)あるからです。
というわけで、cherry blossom ではなく cherry blossoms なのです。


使用例としては、

Cherry blossoms started flowering.
桜の花が咲き始めた

Japanese artists have depicted cherry blossoms since ancient times.
日本の画家達は古代から桜の花を描いてきた


手(パー) ややこしいことに、「cherry blossom」 と単数形で表現するケースもあります。
それは、形容詞的に用いる場合です。

例えば、

cherry blossom front  桜前線
cherry blossom viewing party お花見
cherry blossom viewing spots お花見スポット


手(パー) ところで、blossom はcherry、orange、 apple など、木につく花をいいます。

 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円