「先生」も色々あります(中級 ★★☆)

日本語の「先生」って便利というか幅広く使われる言葉ですね。学校の先生、習い事の先生、医師や弁護士など専門職にも、はたまた政治家にも。 

職業を表す以外に尊敬語として使われるということでしょうか。

 

手(パー) 英語の場合、先生というと teacher がまず浮かぶと思いますが、日本語ほど汎用性はありません。教える内容や職業によって、teacher 以外の言葉を使うことも多いのです。

 

ひらめき というわけで、今回は、「先生」の整理をしてみたいと思います。

 

coach - スポーツを教える人・指導者

He is a basketball coach.
彼はバスケットボールの先生です

teacher - 学校の先生、趣味的な内容を教える人にも使われる

There is a growing need for qualified teachers of Business Chinese.
ビジネス中国語の資格をもった先生の需要が増え続けている

professor - 大学教授(通常修士や博士号を持つ人)

My neighbor, Mr. Tanaka, is a professor from renowned university.
隣人の田中さんは有名大学の教授です。

instructor - インストラクター、趣味的な内容・スポーツを教える人、学校の先生には使わない、
大学教授の肩書はないが大学で指導する人

My daughter wants to become a cooking instructor.
私の娘は料理の先生になりたがっている

trainer - 仕事関係の内容を教える人・指導者

Kiyomi has become a Microsoft Official Trainer.
キヨミはマイクロソフト社公認パソコン指導員になった 
 

→ 英文添削 無料トライアル
→ お手軽!英 語de日記 ライトコース 6ヶ月10,500円