助動詞 could はどんな時使う?(★★★ 上級)

前回、will と would を解説しましたところ、ご質問いただきました。

「could はどう使ったら良いですか?」

手(パー) まず、could は 

1.単純にcan の過去形でcould になっている場合と
2.意味をもった助動詞の場合

とがあります。

手(パー) 良く知られているのは、Could you 〜?(丁寧なお願い)だと思いますが、その他にも意味があるのです。


●仮定の能力:「〜しようと思えばできる」

I'm so hungry that I could eat ten Big Macs.
すごくお腹がすいているから、ビッグマック10個食べれそう

●可能性:「〜でありうる」

Is it true that he's bought a Porsche? It could be.
彼がポルシェを買ったって本当? かもね(あいまいな応答)。

●否定的な推量・可能性:「一体どうして〜か?」・過去のことについての推量

How could you do that?
なんだってそんなことをするんですか?

You could not have seen Tom because he is still in Germany.
トムに会ったはずはないわ、まだドイツにいるんだから。

●許可:

CouldI I sit here?
ここに座っていいですか?

※ 応答の場合は、Yes, you can. など can を使います。Yes, you could. とはいいません

●依頼:丁寧な依頼や要請

Could you repeat that?
もう一度おっしゃって頂けませんか?

Could I see you again?
もう一度お会いできますか?


手(パー) 助動詞が上手く使いこなせると、色々なニュアンスを出した表現ができます。

お手元に文法書がある方は、一度チェックされるとよいでしょう。