関係代名詞のwhich とthat がよく分かりません(★★★ 上級)

複数の方からご質問頂きました。前回の続きです。

●「, which」と「, that」

カンマの前の文章の全文または一部を which もしくは that で受けるケースです。

例えば、

Laura said she was sick yesterday, which was not true.
ローラは昨日具合が悪いと言ったが、それは事実ではなかった

Some children take no breakfast, which is not good for their health.
朝食を全く食べない子供がいるが、それは健康には良くない

という関係代名詞の使い方です。

「, which」 にするか、「, that」 にするか迷う、というご質問を頂きました。

手(パー) 結論から言うと、基本的に「, which」を使う、と覚えた方が良いです。

上記文例のような which を非制限用法というのですが、that にはその用法がなく、特殊な文体効果を狙った小説など以外では使われません。