email ≠ mail  メールはメールにあらず

mail to「メールをありがとう」

この一言を何と言いますか?

Thank you for your email. なら○
Thank you for your mail. と思った方は要注意です。

日本語では電子メールを「メール」といいますので
英語で 「メール」のことをmail と書く方がかなり多いのですが、

英語の mailは一般的に郵便・郵便物を意味します。

郵便は数日かかるもの、メールは瞬時に届くもの。
この2つには時間的に大きな違いがあるので、
仕事の時には要注意ですね。

メールで送って欲しいものを間違えて

Can you mail it to me?

というと相手は郵便で発送するはずですので、
届くまでにしばらく時間が経ってしまいます。
mail とemail 区別して使いましょう。

ただ、矛盾するようですが、
mail といってもemail として通じることもあります。

特に、

Wait a minute. I have to check my mail.

と言われると、「電子メールをチェックする」という意味で通じます。

ネイティブの間でも mail と email が混ざることがあるそうですたらーっ(汗)

もし、メールではなく確実に郵便で送ってもらいたい時は、

Can you send it by regular mail? (普通郵便で送ってください)
Can you send it by Fedex? (フェデックスで送ってください)

など明確にした方が無難だと思います。