名字だけ大文字にするのは止めましょう (★★☆ 中級)

・・・ 日々添削をさせて頂いていると、共通した「間違いやすいポイント」が見えてきます。
それを少しづつご紹介して、皆さんの英語に役立てて頂ければと思います ・・・

 


日本人は、大文字を使いたがる傾向があるようです。

今日のメルマガで取り上げるのは、そのなかでも、名字(姓)を大文字にする、というもの。


レターやメールの署名欄で

例: Taro SUZUKI

と書かれているのを目にします。


想像するに、「Suzuki が私の名字なんですよ〜」と示すためではないかと思うのですが、

実はこれ、ネイティブには、awkward (不格好)に見えてしまいます。

 

ネイティブの頭の中では、Taro Suzuki でも Suzuki Taro でも、
最初にあるのが名(first name)で最後にあるのが姓(family name)なのです。

 

名前を全て大文字で書くことは、特別な書式などだけです。
言い換えますと、指示がなければ、名字を大文字にする必要がありません。


英文履歴書では、一番上の行で自分の名前を TARO SUZUKI と大文字にすることがあります。
これは、名前を目立たせるための、装飾的なあしらいです。
Taro SUZUKI と履歴書に書くことは避けるべきです。


上級者にも割とよくある間違いですので、お気を付け下さい。